格安SIMおすすめは?通話かけ放題?【MNPキャンペーン比較】

格安スマホに向いている人・向いていない人

out
最近、携帯電話業界で話題になっている「格安スマホ」ですが、全ての人に格安スマホが向いているわけではありません。

中には、これまでと同様にNTTドコモやauを利用している方がいいという方もいます。

今回は、5つのポイントから格安スマホに向いている人、向いていない人を見ていきましょう。

費用面

money
まずは費用面です。

格安スマホというくらいですから、格安スマホはお金がかからないというイメージがあります。

特に毎月の利用料金は、大手通信事業者と比べてもかなり安く抑えられていますね。

また、端末料金も1万円台から購入することができるので、携帯電話にかけるコストを抑えたい方は格安スマホはファーストチョイスでしょう。

一方で、大手通信事業者が費用面で太刀打ちできないわけではありません。

大手通信事業者は、各種割引やキャッシュバック制度が充実しています。

端末本体の料金も、実質0円や一括0円の端末を購入できる条件にあれば、初期費用は格安スマホより抑えられるかもしれませんので、無理に格安スマホにする必要もありません。

端末のスペック

smartphone2
端末のスペックにとにかくこだわる方は、格安スマホには向いていません。

大手通信事業者には、「iPhone」という武器があります。

格安スマホでは型落ちのiPhoneを販売しているところもなくはないですが、iPhoneユーザーは最新モデルにこだわる傾向があります。

iPhoneでなくAndroid端末であっても、ソニーやサムスンのハイスペック端末は大手通信事業者でしか買えません。

スマホなんか電話とメール、そしてちょっと調べ物ができればいいと割り切っている人は、格安スマホに向いています。

格安スマホのラインナップを見てみると、中国や台湾の中堅メーカーが製造しているものが多いです。

価格は安いのですが性能もそこそこ、と言った場合が多いです。

スマホの操作性を表現する際の「ヌルヌル感」は、やはりハイスペック端末にはかないません。

CPUやメモリ、カメラの性能も、やはりハイスペック端末には及びません。

ただし、もちろん電話とメール、そしてインターネットは普通に利用することができるので、不便を感じることはないでしょう。

メインかサブか

smartphone3
見出しでは少しわかりにくいかもしれませんが、格安スマホをメイン端末として使うか、サブ端末として使うかによっても、格安スマホに向いているかいないかが分かれます。

メイン端末としてバリバリ使いたい場合、格安スマホでももちろんいいのですが、やっぱり大手通信事業者の端末を選んだ方が安心です。

一方で、サブ端末として考えているのであれば、格安スマホはまさにうってつけと言えます。

格安スマホは維持費がさほどかかりませんので、2台目としてはピッタリです。

特に、メイン端末がauやソフトバンクの端末の場合、2台目を格安スマホにする価値は十分にあります。

というのも、格安スマホの回線は、その多くがNTTドコモの回線を使用しています。

何らかの理由でメイン端末の電波状況が悪いとなれば、格安スマホのNTTドコモ回線が威力を発揮します。

また、メイン端末はガラケーで通話のみに特化、サブ端末は格安スマホで通信のみにすれば、両者の弱点を補完し合い、コストも抑えられる最強の組み合わせです。

通信・通話

girl
通話を多く利用する方は、大手通信事業者の端末を利用した方が賢明でしょう。

まず通話料金ですが、大手通信事業者では家族間の通話無料、同じキャリア間の通話無料、カケ・ホーダイといった、通話に対する割引サービスをバンバン実施しています。

格安スマホはそのような料金割引はなく、通話料の単価も高めです。

最近では、「LINE」や「Skype」といった無料通話アプリも登場しており、これらを使用すれば通話料金を抑えることができます。

ただし、『通話品質に若干の難があり、聞き取りにくい、時間差がある、とぎれとぎれになるなどの不具合もあるようです。

通信速度も大手通信事業者の方が速いのですが、これはWi-Fiを使えば解決できます。

街中には無料のWi-Fiスポットもたくさんありますので、Wi-Fiを使える環境に恵まれている方は、格安スマホでも問題はありません。

サポート

support
最後にサポートについてですが、手厚いサポートが必要な方は、これまでと同様にキャリアと契約をしていた方が無難です。

何といっても、大手キャリアは自前のショップを持っており、万が一端末が故障したり盗難にあったり、あるいは契約プランの変更をしたりという場合でも、ショップに駆けこめばショップの店員さんがすべて解決をしてくれます。

キャリアの端末にはしっかりとした説明書がついており、これだけでも十分なサポートですが、説明書を読んでもよく分からなければ、ショップに行けば店員さんが丁寧に教えてくれます。

ある程度のことは自分で解決できるのであれば、格安スマホでもいいでしょう。

格安スマホの箱を開けると、キャリア端末のようなしっかりとした説明書はなく、せいぜいSIMカードの差し方と初期設定の仕方が載っている紙切れ1枚です。

故障したり不具合が起こったりしても、駆け込めるショップがありませんので、自分で解決するか街中の修理屋さんにお願いすることになります。

今、一番人気のSIMカードは?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)