格安SIMおすすめは?通話かけ放題?【MNPキャンペーン比較】

3Gを使いこなす活用法?

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_PAK752_fuansounimitumeru15041922-thumb-1000xauto-18828

格安SIMカードの3G回線を活用する方法を検討してみたいと思います。

3G回線とは?

3Gとは3rd Generation(第3世代)の略で、第3世代移動通信システムを指します。日本でいえば、ドコモやソフトバンクが採用しているW-CDMA方式、auが採用しているCDMA2000 1x方式が3Gにあたります。ドコモのFOMA回線といえばわかりやすいかもしれません。

3G回線では、理論上は14Mbps(下り)のスピードが出せますが、実際には周囲の通信状況などの影響を受けますので、数Mbps程度が実用上の速度です。また、LTE回線が利用できる状況であっても、回線の状況が悪ければ3G回線でしかつながらないということもありえます。

格安SIMで3G回線を活用するには?

格安SIMの場合、3G回線とっても、Mbpsオーダーの速度は出ません。多くの場合、通信速度の上限は128kbpsから250kbps程度に制限されている場合がほとんどです。DTIのServersMan SIMは、通信速度が250kbpsに制限されていますが、月額使用料が467円と非常に安く提供されています。

格安SIMで最も高速な回線を求めるのであれば、OCNモバイルONEがお勧めです。500kbpsコースでは、LTE高速回線は利用できない代わりに、FOMAハイスピードが利用可能な状況で、最高500kbpsの速度で利用可能です。500kbpsの通信量は月々7GBまでとなっており、超過すると200kbpsに速度制限されます。月額使用料は1800円となっています。

500kbpsや250kbpsであっても、メールやLINE、Twitterなどテキストベースのサービスやアプリについては、さほどストレスなく使うことができます。ウエブブラウザの閲覧については、多少遅いと感じる場合もありますが、軽さを売りにしているブラウザを使うと、実用上差し支えるほどではありません。動画の閲覧や音楽のストリーミング再生、オンラインゲームなどについては、あまり実用的ではないといえます。これらの負荷の高い作業を行う場合には、3G回線を使わずに、Wi-Fiなどを活用することをお勧めします。

今、一番人気のSIMカードは?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)