格安SIMおすすめは?通話かけ放題?【MNPキャンペーン比較】

SoftBankの白ロムって使える?MVNOサービス対応状況

532663_405436202817540_189764751051354_1491608_1394549946_n_400x400[1]

ソフトバンクのスマートフォンを白ロムで購入する場合の活用方法を検討してみます。

ソフトバンクの白ロムで格安SIMを使うことができるの?

ドコモの白ロムは、多くのMVNOサービスを使うことができます。auについては、これまでMVNOサービスがありませんでしたが、2014年6月からmineo(マイネオ)と呼ばれる格安SIMを提供しています。

残るソフトバンクでは、2014年8月現在で利用することができるMVNOサービスがありません。しかし、au(KDDI)もMVNOサービスを開始した状況を踏まえると、ソフトバンクも遠からずMVNOに参入できるのではないかと思われます。

ソフトバンク白ロムと他のキャリア対象の格安SIMではどちらが得なの?

現状では、ソフトバンクの白ロムを手に入れた場合、ソフトバンクの回線契約があれば、その契約で使用しているSIMを差し替えれば、そのまま新しい白ロムを使うことができます。ただし、基本的には、ソフトバンクとの通常の契約と同じですから、ServersMan SIM LTEやOCN モバイル ONE、BB.exciteモバイルLTEなどのようなドコモを対象としたMVNOが提供している格安料金の恩恵を得ることはできません。

また、ソフトバンクの白ロムのSIMサイズが現在持っているSIMサイズと違う場合、ソフトバンクのショップにてSIMサイズ交換を行う必要があります。その場合、継続使用の対象から外れてしまうということです。以前の回線の契約時に2年縛りが設定されている場合、2年(24ヶ月)が経過して25ヶ月目でないと、SIMサイズ交換の際に違約金を支払うことになります。

今、一番人気のSIMカードは?





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)